-英語(TOEIC、英会話)

TOEIC ~400点から700点への道②~ 私が厳選した教材3選

厳選した3つの教材はこれ

私がTOEIC対策の教材として選んだのはこの3つです。公式問題集、単語帳、文法です。表紙は使いやすいように、取ってしまったものもあります。


●公式 TOEIC Listening & Reading 問題集1~3
●TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ) /TEX加藤 著
●新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編 /花田徹也 著


 

就職前、就職してからも何かとTOEICの点数が必要になることがあります。
私が勤めていた東証一部の日系企業でも海外展開は重要な戦略であったため、就職時・昇進時にスコアが必要でした。
入社当時は600点ほど、昇進時や海外プロジェクトに参加するには750点程度が

必要でした。
(入社時点では、現在の試験形式とは異なりますね。)

私も海外展開を積極的に進めましょうという部門にいたので
必然と昇進にTOEICのスコアが必要でした。
ただ、大学を卒業してからというもの英語の勉強をかなりおろそかにしていたので、試しに…現状把握を…と受けたTOEICテストで
400点台という過去最低点をマークしてしまいます。
これは本当に悔しくて、周りの同僚が楽々と700・800点台を出す中、焦りました。
中高大とそんなに英語は苦手ではなかったはずなのに、こんな点数を取ってしまいショックを受けました。

そこで、「昇格の条件である700点を3ヶ月以内に取る」という目標を立て、戦略を練っていきました。

目標は700点以上!何をすべきか

800点台のスコアを持つ同僚へのヒアリングやネットで情報収集をしたところ、
・TOEICの点数と英会話力は比例しない (900点取れても喋れない)
・TOEICの点数だけを取るには決まった勝利パターンがある
・公式問題集が良いらしい
・文法超特急が良いらしい
・とにかく公式問題集のCDを聞きまくると良いらしい
・どの問題集も暗記するまで何回も解く、音読する、聴く

というのが「TOEICで点を取るためには必要だ」ということがわかってきました。
やみくもにやっても時間の無駄だと言うことは、過去の資格試験でも十分すぎるほど理解していたので
教材を絞り、それらを徹底して回転させ暗記することにしました。

TOEIC ~400点から700点への道③~へ続く

【関連記事】



ABOUT ME
ミライ
現在はフリーで教育サービスの支援をしています。 大学卒業後、日系企業に勤務。 事業部門から経営戦略・財務部門を経て退職、二人の子供の母親です。 学びについて情報発信しています。 オンライン英会話で日々スピーキング訓練中!  TOEIC900点目標 (2019年4月 810点) 中小企業診断士登録済み #カランメソッド #オンライン英会話