-英語(TOEIC、英会話)

TOEIC ~400点から700点への道⑤~ PART5,6対策には文法超特急

PART5,6を10分以内で解く!

TOEICのリーディングパートはPART5,6,7とあり、75分で解きますが
全然時間が足りなくなります。
PART5,6に時間をかけ過ぎて、PART7のほとんどが適当にマークするするはめになった。
私もこの屈辱を何回も経験しています。今でも時間配分をミスすると
やらかします。

TOEICの高得点者はこのPART5,6にほとんど時間をかけていません。
つまり、文法の知識が既に強固なものなので、瞬時に正しい選択肢を判断できるのです。その文法の知識と瞬時に判断するテクニックをまとめたものが

  • 新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編 /花田徹也 著

です。

文法特急2 急所アタック編を選んだ理由

・PART5,6に特化している
・スピーディに解けるテクニックを教えてくれる
・不正解の選択肢の解説が詳しい
・音声ダウンロードが可能


新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

PART5,6は10分で解き、PART7に時間をかける!

PART5,6の文法問題はその構造や形式から正答を一瞬で判断できるのです。
その判断のテクニックに拘ったのがこの文法超特急です。
問題文を最後まで読む必要はなく、まず選択肢を眺め
形容詞・副詞・接続詞等を判断させるのか等の情報をつかむことから
始まります。設問のの構造・選択肢に焦点をあてているので、スピーディに
正答が選ぶことが出来るようになります。
これは目から鱗でした。

この選択肢がどうして×なの?

また不正解の選択肢にも
「どこをどうしたら正解になるか?」の説明が詳しく記載されているので
文法の知識がより強固なものになります。

通勤時間内に一冊を復習できる!

さらに音声もダウンロードできるので、繰り返し聴く・ディクテーションすることで
文法とリスニング力の強化にも繋がります。
これも一冊全部りすにんぐしても、50分程度なので
通勤時間内に満員電車の中で復習することが可能です。

TOEICはリスニングであろうと、リーディングの文法問題であろうと
何回その教材に触れたかで効果が変わってくると思います。
厳選した問題集の復習を何回もすることで効果が現れます。

文法超特急 どんな効果があったか

●BEFORE
PART5,6だけで20分、PART7に55分
PART5,6に時間がかかり過ぎ、PART7の25問(大問5問で125点分)が空白。

●AFTER
PART5,6だけで10分、PART7に65分
PART5,6に時間がかからなくなり、尚且つ正答率が上がり
PART7に多くの時間を充てられるようになった。
その結果リーディングで100点以上スコアアップができた。

PART5,6に時間がかかり過ぎている方にオススメです。


新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

【関連記事】

 



ABOUT ME
ミライ
現在はフリーで教育サービスの支援をしています。 大学卒業後、日系企業に勤務。 事業部門から経営戦略・財務部門を経て退職、二人の子供の母親です。 学びについて情報発信しています。 オンライン英会話で日々スピーキング訓練中!  TOEIC900点目標 (2019年4月 810点) 中小企業診断士登録済み #カランメソッド #オンライン英会話