家計管理

【レビュー】いま君に伝えたいお金の話 村上世彰/幻冬舎

子供向けに書かれたお金の本が意外と良かったので、記録しておきたいと思います。

村上世彰氏…悪いイメージしかありませんでした。

 

いま君に伝えたいお金の話 (幻冬舎単行本)

 

ニッポン放送、フジテレビ買収等の断片的な記憶です。
「お金好き、お金儲け大好き」な極悪ファンドマネージャーのイメージです (笑)

この本を読んでいい意味で、村上氏に対するイメージが変わりました。
報道ってほんの一部を切り取って伝えていたのだなと…。
私も若かったし、メディアの言うことを信じてしまっていました。
物事は、やはり多方面から眺めてみないとわからないことが多いですね。

これは子供向けに書かれた本です。

ですから、大抵の金融の知識は知ってるものでした。

わかりやすい平易な言葉で書かれているので、自分の子供にも読ませたいです。

・お金は流れが大事
「稼いで貯めて、回して増やす」
・企業のコーポレートガバナンスは重要
おそらく、経営者だけが搾取するものでもなく、

投資家や労働者にも適切に分配せよということ。

日本の企業は内部留保し過ぎなので、経済が回ってないことを指摘しているのだと思います。
・お金が大好きな子供だった。貯める、とにかく貯める。
・デパートで物の価格を見て、その値付けの意味を考えるのが好きだった
・10歳で株式投資をしていた、大学生で数千万の運用額、東大行って経産省へ
・コーポレートガバナンスの法整備に取り組み、40歳手前でファンドマネージャーとして独立

とまぁ、変人っぷりがこれでもかと書かれております。
算数大好きで家族と常に数字のゲーム。物の価値、期待値について
日頃から考えているのだそうです。

自分の育児へ当てはめるにはハードル高すぎですね (笑)

・現在はシンガポール在住
・寄付をする喜びに気付く ← そんなこと知りませんでした!

エイズは7500億円あれば撲滅できる。僕自身の資金では無理だけど、
全世界の人から少しずつ集めたらそのお金は集められる額だし、それが人類に貢献できるならやる価値がある。

・基金・寄付を集める仕組み作りを行っている。
例えば自身が200万円出すことは簡単だけど、200人から1,000円ずつの方が継続的な
資金獲得方法になる。僕が死んだら、200万出す人が途絶える。
なるほどな、と。彼自身は助けたいと思う人がいても体力的にも物理的にも技術的にも無理だけど、お金を出すことでその人達を助けられる支援をしてくれるスタッフが
かわりにやってくれるので、感謝をするのだそう。
「寄付させてくれてありがとう」と。

こんな人だったの村上氏は?とかなり印象が変わりました。

そして、世界の経済に貢献すべく子供たちに投資教育をしたいと。
投資家をたくさん作りたいと思っているそうです。

それで、お金の授業をやっているのですね。

単なるお金好きの悪徳ファンドマネージャーかと思っていて、

申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私が思うのもまさにこれで、

日本の子供たちが世界に貢献できる技術・物・サービス・仕組み等を作り出して、

投資によりそれが上手く回って、経済成長して
困難な場所・地域には寄付をして、で全体で発展しましょうというのが
希望の世界です。

【関連記事】

 


いま君に伝えたいお金の話

【Kindle】

いま君に伝えたいお金の話 (幻冬舎単行本)

ABOUT ME
ミライ
現在はフリーで教育サービスの支援をしています。 大学卒業後、日系企業に勤務。 事業部門から経営戦略・財務部門を経て退職、二人の子供の母親です。 学びについて情報発信しています。 オンライン英会話で日々スピーキング訓練中!  TOEIC900点目標 (2019年4月 810点) 中小企業診断士登録済み #カランメソッド #オンライン英会話