-英語(TOEIC、英会話)

【オンライン英会話】1年1ヶ月継続 各国の講師と話して価値観が劇的に変わった

オンライン英会話を始めてからちょうど1年1ヶ月が経ちました。
その間の受講回数は600回を超え、来月には700回行くかな…というところまで見えてきました。

最初の頃は、ネイティブキャンプの受講し放題というメリットを全く生かせておらず月に10回~20回受講出来れば良い方だったのですが、(つまり3日に1回の受講がやっと…)、今では平均毎日2~3レッスン受講を継続出来ています。

(オンライン英会話でカランメソッドを毎日2レッスン6ヶ月続けた効果はこちら→

【カランメソッド】毎日2レッスン6ヶ月継続しました ~聴く・話すの高負荷トレーニングの効果~

)

直接的な変化

その間、TOEICの点数は700点台を脱し800点台を出せるようになり、課題だった低いスピーキング力もネイティブの先生に伸びを褒められました。

ダイレクトに点数に表れる変化ではなく、私の中で物の見方や考え方にも変化がありました。

間接的な変化

アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス等のネイティブと言われる先生からフィリピン、セルビア、ボスニア、モンテネグロ、イスラエル、パキスタン、ナイジェリア、ジンバブエ、メキシコ…数えきれないくらいの国の先生と話してきた中で、世界には日本では想像もつかなかったような文化や考え方があると思いました。

私は留学したこともワーキングホリデーに行ったこともなく
(行ける時に行っておくべきだった…と後悔しています)
日本以外の国で一定期間の生活をしたことが無いので、そういったことに触れられる機会が限られています。
オンライン英会話の講師達を通して語られる過酷な戦争体験の歴史(直接的、間接的なものも含む)や、厳しい経済格差を感じずにはいられませんでした。

受験のためだけに暗記した世界史

私は高校生の時「世界史」がとにかく苦手でした。自分の人生からはかけ離れた国の出来事を学ぶというのがイメージしにくく、正直なところ、私にとっては授業も教科書も無味乾燥なものでした。受験対策の為だけに丸暗記したと言っても過言ではないほどです。苦痛で仕方がありませんでした。

植民地を拡大した国、植民地になった国、内戦で傷ついた国、貿易戦争、宗教対立、移民問題、資本主義経済、それらが歴史の教科書では単なる文字の情報だったものが
講師の発する英会話のレッスンにより、よりリアルに感じられました。

歴史の点と点がつながり、

白黒だったものがカラーになり、

他人事だったものが自分の頭で深く考えるようになりました。

最初は単なる英会話の勉強のためだったのですけれど…、不思議なものです。

学生の時にオンライン英会話で様々な価値観にふれることが出来ていたら良かったのに、と思います。

移民について考えるきっかけ

ネイティブの先生の一人は日本を含めいくつかの国で学んだり仕事をした経験があるので「移民」という立場を自分も経験しています。

自国では経験したことのない、文化の違い差別などもたくさん感じたそうです。

そして移民によって自国がどう影響を受けたか、そこにある自国民の感情も経験しています。
この双方の立場で考えるというきっかけをくれたのもこの先生です。

コンビニやファミレスで外国人労働者を見かけない日はありません。
胸の痛くなるようなニュースも多く、他人事と思えなくなりました。

植民地とは、資本主義とは

さらに、
植民地にされた国というのがあります。ローカルで話されている言語のほかに、公用語として英語・スペイン語(他にも)がありますね。まずこの公用語というのが、日本国内にいると、当たり前のように日本語しかないので意識することはないのですが、オンラインの講師達は二か国語以上が喋れます。それの意味するところは、過去に占領下におかれていた歴史があったからで、日々の生活・文化・経済全てにおいてその影響を受けています。フィリピンなどは特にそうで、ローカルの言語や文化はスペイン語の影響を大きく受けているなと感じます。そしてさらにそこにアメリカの影響も受けている。様々な文化がミックスされていて、面白いです。他者に対してとても寛容、彼らの寛大な心はこういうところからくるのかもしれません。

物価の差

物価の差も大きいと感じます。日本でしたランチ(1,000円程度)の話をしても、講師の国が変われば反応も変わります。ニューヨークなら3,000円のランチでも大したものが出てこないとか、フィリピンなら月4,000円の光熱費は月給の何%にあたるとか、統計でしか見たことのない数字もよりリアルに感じます。

これも結局は、過去の戦争の歴史に起因するもので、資本主義経済が安い労働力を搾取し続けた(もしくし続けている)結果なんでしょう。思うところは多々あります。

物の見方、価値観が変化した

英会話力の向上を目的に始めたオンライン英会話だったのに、各国の講師と話すことで、物の見方・価値観が大きく変わりました。私が日々悩んでいたことは、日本のほんの狭い地域での出来事で小さいことかもしれない…、日本の政治や教育は本当にこれでいいんだろうか(良いわけがない…)世界にはこういう考え方をする国がある、私にとっては大きな変化でした。

講師達とのダイレクトなコミュニケーションの中で得たものです。様々なことに気付き考えるきっかけをくれて本当にありがたいです。

これからも楽しくオンライン英会話続けたいと思います。

レッスンしてるのは、こちらネイティブキャンプ
新規登録でカランレッスンの予約にも使用できるコインが2,000円分getできます。
よろしければお友達紹介キャンペーンページからお試ししてみてください。

【関連記事】

 

ABOUT ME
ミライ
現在はフリーで教育サービスの支援をしています。 大学卒業後、日系企業に勤務。 事業部門から経営戦略・財務部門を経て退職、二人の子供の母親です。 学びについて情報発信しています。 オンライン英会話で日々スピーキング訓練中!  TOEIC900点目標 (2019年4月 810点) 中小企業診断士登録済み #カランメソッド #オンライン英会話