-英語(TOEIC、英会話)

【カランメソッド】 Stage9までを振り返る 9ヶ月 600回超

9か月ほぼ毎日カランメソッドのレッスンを2コマ取り続けてきました。ステージ9のFSR(Full stage revision)を3回終え、600回超のカランメソッドレッスンをネイティブキャンプで受けたので振り返って記録しておこうと思います。

FSRの繰り返し

今日時点でStage9のFSR3回目を終えました。

【FSR 繰り返し回数】 ※2019年11月時点

Stage5 4回

Stage6 4回

Stage7 5回

Stage8 4回

Stage9 3回

この後、Stage6まで戻り → 7 → 8 → 9とFSRを繰り返してからステージ10へ進む予定です。

前月までの回数はこちら→【カランメソッド】 Stage8までを振り返る 8ヶ月 500回目前

 

カランを9か月継続して実感した効果

TOEICのリスニング問題の速度がゆっくりに感じられる

ここ数回のTOEIC IPでリスニングのスコアが390→400→425→435と伸びてきました。

カランのレッスン中はとにかく耳を研ぎ澄まして、講師の高速な質問を聞いてすぐに答えなければいけないので集中力・瞬発力が鍛えられます。さらに日本語介さずに、英語を英語のまま理解出来るようになってきます。その為、TOEICの問題が以前と比較してゆっくりした速度で聴こえるのを実感しています。 質問を聴き終えて解答を選び、「次の問題…まだ?」と思う回数が増えました。 毎日、カランのレッスンで矢継ぎ早に質問を受ける高負荷状態に慣れた成果です。(ただし、TOEICの問題形式に慣れる為、公式問題集での演習もある程度は必要だと思います。)

英語字幕を読むより、耳で聴いた方が早い

NetflixやAmazonプライムで映画やドラマを英語字幕で見ることをしているのですが、

字幕を目で追うより、耳でセリフをキャッチ出来ることが多くなりました。字幕を読むのを面倒くさいと思うようになってきています。(もちろん耳慣れない固有名詞、独特の言い回し、馴染みのない単語やフレーズは難しいです。)文字情報に頼って理解していたものが、耳で理解出来るようになっていると実感しています。これも日々、耳を研ぎ澄まして講師の高速質問をキャッチしようとするカランレッスンの効果です。

 

オンライン英会話レッスン受ける心理的ハードルが下がった

2018年9月にネイティブキャンプに入会した時は17回/月という回数でした。

2日に1回の受講ペースだったものが、この1年かけて1日2~3コマ受講できるまでになりました。ネイティブキャンプは今すぐレッスン受講し放題という素晴らしいシステムなのですが、

・先生を選ぶ (その間に、他の生徒に取られてしまう)

・自己紹介をする(自己紹介「なし」と事前にリクエストすることも可能ですが)

上記のようなデメリットがあるので、心理的ハードルが高くてレッスンの受講回数が伸びませんでした。

カランを受けるとそのハードルが軽減されて行きました。カランバッジを持った先生のレッスンを予約する必要があり、今すぐレッスンで先生や教材選びに迷うという時間が少なくなります。目的はカランという筋力トレーニングみたいなものなので、自己紹介もカランの前にごくごく簡単にするだけで良いです。そうこうしているうちに、知り合い・お気に入りの先生が増えてきます。そうすると、今すぐレッスンで悩んでいたような「結局迷ってレッスンしなかった・・・」ということがなくなりました。

レッスンの中でも質問に対して、「解答を言い切る」・「間違いを指摘される」という訓練を何回もするので、メンタルが鍛えられ、正しい文法で文章が組み立てられるようになります。これがカラン以外の教材を取るときにも凄く役立ちます。カランの高負荷状態に慣れると、他の教材レッスンを楽だと感じるようになりました。

音声をメインにした復習方法に変えた

復習方法を最近変えました。単に、ペーパーバックのテキストを持ち歩くことを忘れたのがはじまりで、カランメソッドのアプリで音声中心の復習にしています。

【カランメソッド】 Stage8までを振り返る 8ヶ月 500回目前

前回の投稿では、Stageごとに予習復習の方法をまとめたのですが、

ここ最近はテキストに頼る割合を減らしました。テキストを使用してしまうと、文字情報に頼って暗記してしまい、耳で聴いた問いに答えられていないと感じています。レッスン・アプリの音声で「3回以上聴いても意味が取れない…」というセンテンスが出てきます。多くは文法の長い説明文です。3回聴いて、それでもわからなければ、テキストを見るという方法に今はしています。しばらくこの方法でトレーニング続けたいと思います。

先生の質問に答えらえないのが嫌で、習・復習でテキストを暗記していました。

しかし、聴き取れないことや間違うことを恐れなくてもいいのではないか?と思うようになりました。指摘するのもカランの先生の大事なお仕事なので、生徒はありのままで受けて、指摘をたくさんしてもらった方が良いんじゃないか、と思います。

 

そんなこんなで、ここまで楽しくオンライン英会話、カランメソッドを続けてこられました。カランメソッド続けて良かったな、「継続は力なり」だと思います。

Stage12まで続けて、ビジネスカランもやる!とお気に入り先生達と約束したので、
引き続きステージを進めていきたいと思います!

レッスンしてるのは、こちらネイティブキャンプ。今、カランマラソンキャンペーンが始まっていてお得です。

新規登録でカランレッスンの予約にも使用できるコインが2,000円分getできます。
もしよろしければ、お友達紹介キャンペーンページからお試ししてみてください。

【関連記事】

ABOUT ME
ミライ
現在はフリーで教育サービスの支援をしています。 大学卒業後、日系企業に勤務。 事業部門から経営戦略・財務部門を経て退職、二人の子供の母親です。 学びについて情報発信しています。 オンライン英会話で日々スピーキング訓練中!  TOEIC900点目標 (2019年4月 810点) 中小企業診断士登録済み #カランメソッド #オンライン英会話