家計管理

40代共働き家庭 コロナショックで含み損拡大中!総資産に占める割合は? 2020年3月

新型コロナウィルスの感染拡大で、全世界市場が大混乱に陥っています。

NYダウも29,500から23,000台に落ちてきました。なんとマイナス6,000ドル。

資産に関する記事を書くのは久しぶりです。

前回はこちら→
40代共働き家庭 含み損拡大中!総資産に占める割合は? 2018年12月

一年以上ぶりです。懐かしいですね。

さて、我が家の含み損はどうでしょうか。

もちろんあります。

ただし、年末年始にかけて「これはどう考えても上がり過ぎだろう…」と警戒していたので、現金化してありました。資産ポートフォリオに占める割合は9割ほどが現金でした。なので、この30%近い下落相場の中でも、1桁前半パーセントの含み損です。

今は、冷静になって市場を観察中です。今後コロナの影響で、経済活動がさらに停滞し、倒産企業が増えてくることが予想されます。オリンピックの年に期待していたインバウンド需要ももうダメかもしれませんね。オリンピック後の景気後退を予想していましたが、オリンピック前にこんなことになるとは思いませんでした。

コロナショック、生き延びられるでしょうか・・・。

【関連記事】

 

 

 

ABOUT ME
ミライ
現在はフリーで教育サービスの支援をしています。 大学卒業後、日系企業に勤務。 事業部門から経営戦略・財務部門を経て退職、二人の子供の母親です。 学びについて情報発信しています。 オンライン英会話で日々スピーキング訓練中!  TOEIC900点目標 (2019年4月 810点) 中小企業診断士登録済み #カランメソッド #オンライン英会話