投資

40代共働き家庭 コロナショック 今後の投資方針を考える ~2020年3月~

新型コロナウィルスの感染拡大で、引き続き全世界が大混乱しています。

各国で感染者が増え、その感染を防止するために渡航制限、夜間外出禁止等の措置が取られています。

NYダウも29,500から21,000台に落ちてきました。なんとマイナス8,000ドル以上。

連日1000~2000ドルのもの凄いボラティリティです。

こんなに短期間での暴落は経験したことがありません。リーマンショックの時もここまでのスピードではなかったと思います。

(リーマンショックの事を偉そうに語るのを、リーマンショックおじさんと言うそうですよ…)

 

【関連記事】

40代共働き家庭 含み損拡大中!総資産に占める割合は? 2018年12月

40代共働き家庭 コロナショックで含み損拡大中!総資産に占める割合は? 2020年3月

 

さて、我が家の今後の投資方針はどうしましょうか。

夫婦で夜な夜な議論中です。

しばらくは静観

年末年始にかけて「これはどう考えても上がり過ぎだろう…」と警戒していたので、現金化してありました。資産ポートフォリオに占める割合は9割ほどが現金でした。そのため、この暴落の最中、含み損は増えつつあるのですが、資産の数パーセントと影響は小さいです。

これだけ様々な国で経済活動が滞ってしまうと、今後その影響がじわじわと広がってくると予想されます。リーマンショックの時より酷いかもしれません。2008年当時の方が今より、まだ税金も社会保障費も安かったのと、非正規がまだ少なかったのです。

それを鑑みると、今回のコロナ影響の方が甚大だと思われます…。

リーマンショックおじさん

 

大暴落中ですので、魅力的な銘柄がたくさん。

REITもETFびっくりするくらい安値です。つい、買いたくなります。

でも、まだ今は我慢しています。さらに酷くなるかもしれないから。

欲しい銘柄だけピックアップ。そして悩む日々です。

コロナショック、生き延びられるでしょうか・・・。

【関連記事】

 

 

 

ABOUT ME
ミライ
現在はフリーで教育サービスの支援をしています。 大学卒業後、日系企業に勤務。 事業部門から経営戦略・財務部門を経て退職、二人の子供の母親です。 学びについて情報発信しています。 オンライン英会話で日々スピーキング訓練中!  TOEIC900点目標 (2019年4月 810点) 中小企業診断士登録済み #カランメソッド #オンライン英会話