書評

【多読・音読】A State of Mind ~忘れていた大事なことを思い出す~

多読をラダーシリーズで続けています。今回何気なく手に取った本が凄く良かったので、記録しておきたいと思います。

英国紳士が見たニッポン A State of Mind (ラダーシリーズ Level 3)
クリストファー・ベルトン


直感で買って読書するのも好きです。この本はそんな出会いでした。ラダーシリーズをいくつか読み終えたので、次は何を読もうかな・・・?あてもなくぶらりと立ち寄った本屋で購入しました。
筆者は日本に住み、子供達をロンドンで育て、また数年後に日本に戻ってきた方です。
日本の文化をイギリス人の視点で書いてあり、くすっと笑えるユーモラスなエッセイでした。
特に、「日々のルーティーン、小さな幸せ」について書かれた章が印象的でした。
日頃の何気ない小さな習慣が人生を幸せにするのだと。私はこのことを最近忘れていました…。
目の前の面倒なこと・怒りを感じるようなことばかりに気を取られてしまい、心に余裕を無くしていたのかもしれません。
筆者の真似をしてどんなことに幸せを感じるかをリストアップしてみました。
本当に小さいことなのですけれど、私の周りにもたくさんの幸せで感謝すべきことを忘れていました。
もちろん英語の勉強のために読んだ本なのですが、大事なことを思い出させてくれました。

 

以前に書いたのはこちらの記事です。

【多読・音読】②多読が楽しくなってきた! ラダーシリーズ, WHOHQ

ラダーシリーズ

IBCパブリッシングから出ているシリーズで、レベルは1~5段階・ジャンルも文学からビジネスまでと幅広く、巻頭・巻末に単語がまとめられていて日本語訳もあるので(本文ではない)非常に読みやすいです。

※IBCパブリッシングのサイトより

とても読みやすいので、興味のあるジャンルを読んでみるといいかもしれませんね。

 

 

ABOUT ME
ミライ
現在はフリーで教育サービスの支援をしています。 大学卒業後、日系企業に勤務。 事業部門から経営戦略・財務部門を経て退職、二人の子供の母親です。 学びについて情報発信しています。 オンライン英会話で日々スピーキング訓練中!  TOEIC900点目標 (2019年4月 810点) 中小企業診断士登録済み #カランメソッド #オンライン英会話